洗練されたキレのある味わいのジン「タンカレー」

こんにちわ、wagyu Bar Extendedです。

タンカレー ロンドン ドライジン 47度のご紹介です。

1830年、チャールズ・タンカレーが、ロンドン・ブルームズバリーに蒸溜所を設立したのが始まりです。
当時、「今までにない高品質のジンを創る」と想った強い信念は、彼が弱冠20歳の時に実現されました。

こだわりの4回蒸留による製法で造られている、洗練されたキレのある味わいが特長のプレミアムジンの製法は、世界でたった6人だけが知っている門外不出のレシピ。
180年以上変わらない製法で芸術的な味を守っています。
そのこだわりが、現在に至るまでに数多くの賞を受賞してきました。

高品質なボタニカル(香味植物)を使用することで、豊かで個性のある香味を醸し出しており、洗練された味わいが特長なんです。

Photo by Thirsty? – abstrkt.ch

Share please!!